「2015年12月」の記事一覧(2 / 3ページ)

消費者金融よりも手軽でお得なクレジットカード現金化

年末はクリスマスや忘年会があって普段よりお金が必要という人も少なくありません。お休みも取れるので旅行に行きたいという人もいますね。でも飲みに行ったりプレゼントを買ったりしていると、楽しくて思った以上にお金を使ってしまい年をこせなくなったという人もいます。こういう時に頭をよぎるのが消費者金融でお金を借りてしまおうかということです。テレビでもスマホで申し込めば簡単に借りられるとCMを流しているので、電話をすればすぐに貸してくれるものと思っている人も少なくありません。でも消費者金融でお金を借りると審査を受けなくてはいけません。それには働いている会社に在籍確認の電話がかかってくることも含まれています。

会社に消費者金融から電話がかかってくるなんて、あまり嬉しいことではありませんね。個人的な用事は携帯電話にかける為、会社に電話がかかってくることなどめったにないので何かおかしいと気がつく同僚がいないとも限りません。ではどうしたら良いかというと、便利なサービスがあります。それがクレジットカード現金化です。今は若い人でもゴールドカードをもっている人も増えてきましたが、クレジットカードを利用してお金を借りることができるのです。しかも審査がないので他の人に知られる心配が全くありません。クレジットカードには買い物枠が設定されていますが、クレジットカード現金化サービスではその買い物枠の範囲内でお金を用立ててくれます。サービス会社からカード払いで物品を購入したことにすると、サービス会社にはカード会社から代金が支払われます。サービス会社にはそこから手数料を引いたお金を口座に振り込んでくれます。手数料は消費者金融の金利よりもかなり安いので、消費者金融を利用するよりお得です。

つまりクレジットカード現金化サービスを利用すると消費者金融よりも簡単にお金を借りられて、しかもお得ということになります。返済するのも簡単で、カード会社から請求された料金を支払えば良いだけです。普通に買い物をしたときの手順と全く代わらず、カードで物品を購入したのではなくお金を購入したといった感じになります。

すぐにお金が手に入るクレジットカード現金化

クレジットカードを利用することで、便利にショッピングができます。クレジットカードの最大のメリットは、現金を持つことなくショッピングができるということです。現金はお札なら比較的軽いですが、小銭を持っていると重くなってしまいます。クレジットカードを所有しておけば、飲食店に行ってもカードで支払いができますし、ショッピングも手間もかからずに行うことができます。クレジットカードのメリットである、現金を持つことなくショッピングができるということは、違う面でも利用することができます。それがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化は、クレジットカードの特徴を踏まえて逆に現金が欲しいときに活用することができる利用法です。クレジットカード現金化を行うときは、自分で行う方法と業者を利用する方法があります。まずは自分で行う方法ですが、方法は簡単でしてまずは電化製品やブランド品などをクレジットカードで購入します。その購入した電化製品やブランド品を、リサイクルショップに持って行くことによって、現金化することができます。注意点するところは、クレジットカードには利用可能な金額が決まっているので、その利用可能な金額を超えないように購入する必要があります。自身で行うデメリットとしては、購入する金額と実際に手にする現金に差が出てしまうことと、電化製品など比較的大きくて重いものを持ち運びする必要があることです。

業者を利用することによって、便利にクレジットカードの現金化をすることができます。クレジットカードの現金化を業者に依頼すれば、90%を超える換金率で現金をもらうことができます。換金率は、利用する金額によって変動することが多いので、まずは利用する業者のホームページを確認するようにしましょう。利用方法は簡単でして、インターネットを利用してショッピングをして、その金額に合わせた現金を銀行口座に振り込んでもらうことができます。

一回だけなら、とても快適に使える消費者金融

最近は経済的に不安定というのか、株価が乱高下したり、景気が良くなっているとはいえよく聞くとボーナスが出ない企業も相変わらず一定数あるなど、デフレの時よりも物価が上がっただけのような状態になっているというのが正直なところです。ですから若い人は貯金がないということも多く、生活をするのにぎりぎりになってしまうこともしばしばです。ですから、急に結婚式があったりすると、とても困ります。出ないわけにもいかないし、しかしお祝いを出さなければならないというとき困ってしまいます。そういう、すぐにお金が必要なときは、消費者金融でお金を借りるという手があります。

すぐにお金が必要なとき、無人審査機で1時間もたたずに審査をしてもらえるなど、前日に手続きをしても充分間に合います。もちろん、すぐにお金が必要だといっても、消費者金融で借りることに抵抗があるという人もいるでしょう。そういうときは、消費者金融のメリットだけを使えるようにすればいいのです。多くの消費者金融は、初回の借り入れに関しては、しばらく利子がかからない、という特典を用意していることが多いのです。またそれは一ヶ月程度までの範囲があることも多いのです。

ですから、きちんと給料が安定してもらえている人なら、一回だけなら消費者金融で借りて、次の給料日にきちんと返済ができるので、大きな問題にならないというわけです。また一ヶ月で返せなくてもやはり定期的な収入があるなら、多少利子はつきますが返せます。借金をしたときなにが危険なのかといえば、返すための計画が破綻してしまうことなので、それさえきちんとできているなら問題なく、さらに利子がつかないということなら、安心して使えるということです。もちろん、借りていることをなんとも思わなくなると危ないので、自分がそういう人間だと思うのなら、両親や友達に借りたり、また借りずになんとかすませるようにしていくほうがいいかもしれませんが。

すぐにお金が必要な場合はどうすればいいの?

ときと場合によって、すぐにお金が必要という時があるのではないでしょうか。特に最近は、昔と違って貯金している人たちは少なくなってきています。のっぴきならない状態で、すぐにお金が必要という場合は、何をすればよいのでしょうか。お金が入り用な時に、一番良いのは身内や家族に借金を頼むという方法です。金額しだいでは、身内とて鬼ではないので、貸してくれるのではないでしょうか。ただ場合によっては、お金を借りることができない状況もあるのではないでしょうか。

そのようなときはどうしたらよいでしょう。さまざまな方法がありますが、とにかくすぐにお金が必要ならば、家の中をまず見回してみましょう。実はいらない物や、まったく使っていない高価なものはありませんか。先入観を捨てて、実際にはコレ不要じゃん!と思うものをピックアップしましょう。一人では難しいならパートナーや身内に手伝って貰うとよいでしょう。いらないモノが見つかったら、買取センターに持っていくか、ネットのオークションサイトに売りに出すとよいですね。

オークションサイトは、ともすれば買取センターよりもグンと高値で取引できる場合があります。売るモノにもよりますが、レアなものや希少価値のものは、思った以上の高額で売れることも少なくありません。すぐにお金が必要というときは、このように不要なモノを売ることで、収入を得ることができることがあります。また、すぐにお金が必要ならば、当日でもらえるバイトをするのもひとつの方法です。中には週末給料を支給してくれたり、当日OKのところも少なくありません。空いた時間を有効活用して、小金を稼ぐというのもひとつの方法です。

急にお金が入用という場合には、上記の方法を取るとよいのではないでしょうか。まずは誰かに借りるのが一番の得策ではないでしょうか。アテがあるなら勇気を振り絞って声かけしましょう。ただ、無理でしたら、次は不要なものを売るのがベターですね。

入用の時の金策

大人になると時折直面することが、急にまとまったお金が必要になる時です。分かっている出費に対しては毎月積み立てておけばいいのでしょうが、預金ってなかなかハードルの高いことなのですよね。特に社会人になりたての頃は、初めて大金を手にしてどう使っていいのか分からず、使いすぎたりして預金が出来ない人も少なくありません。そんなすぐにお金が必要な時には一体どうしたらいいでしょうか。誰かすぐに貸してくれる人に頼むのが一番かも知れませんが、世の中そんなに甘くはありません。

お金を借りるというのは人間関係にひびが入ることもあることを忘れてはいけませんね。そう考えるとお金を借りる時には、お金を貸してくれる会社にお願いするのが一番です。その中でも手っ取り早くお金を用意するにはキャッシングサービスを利用するのが一番ですが、結構金利が高くてびっくりします。年利18%といえば、1万円借りたら1年後に1800円の金利がついているということですから借りる時にはよく考えなくてはいけませんね。すぐにお金が必要だとしても借りる会社をよく選ばなければいけません。消費者金融系のキャッシングは高金利ですが、最近では銀行のカードローンでもキャッシングを利用することができます。

銀行というとなんだか審査が厳しそうなイメージはありますが、消費者金融より金利はぐっと安くなります。借りたい額も多額でなければ収入証明なども不要で身分証明書だけで審査することができますから気軽ですね。またすぐにお金が必要な時にはネットから審査申し込みもできますし、早い時間に契約が完了すればその日のうちに必要なお金を借りることだってできるんです。一度契約しておけば、すぐにお金が必要な時に慌てずに近くのATMを利用してキャッシングを利用することもできます。それまでにはもしもの時のために預金が出来ていることがベストではありますけれどね。習慣のように依存しすぎるのは勿論良くありませんが、万一の時の選択肢としてカードローンを知っておくことも大切ですよ。

すぐにお金が必要なときの私の対応

すぐにお金が必要になった時、銀行口座にも預金残高がなかったり、すぐにお金を借りられるような人もいない、という場合の私の対応方法はクレジットカードのキャッシング枠を利用したキャッシングです。

クレジットカードには通常の商品ややサービスの購入に使えるショッピング枠とキャッシングに利用できるキャッシング枠とが設定されていることが多いですが、そのクレジットカードのキャッシング枠を使うのです。クレジットカードではショッピング枠とキャッシング枠とが別々の利用限度額が設定されていますが、クレジットカードの特性としてメインの機能はショッピング枠であり、キャッシング枠はサブ的な機能になっていますので、あまり大きな金額が利用限度額として設定されていることはありません。しかし、すぐにお金が必要になった場合ではそんなに大きなお金が必要になることはあまりありませんから、クレジットカードのキャッシング枠で事足りることがほとんどです。

普通のキャッシングでは申し込みをしてから、金融会社の審査を通過してからしかお金を借りることはできません。今では即日にお金を借りることができる場合もあります。それで時間的に大丈夫ならかまいませんが、すぐにお金が必要と言うことはそれでも間に合わないこともあります。クレジットカードのキャッシング枠の利用は設定された限度額の分の審査はすでに済んでいるという前提ですから、利用できるATMなどがあればすぐにでもキャッシュを手に入れることができます。ただし、ショッピング枠の利用の場合には分割やリボ払いではなく、一括払いにすると手数料や金利が付くことはありませんが、キャッシング枠の利用の場合は分割やリボ払いだけではなく一括返済を選択しても手数料や金利がついてしまうことは気をつけなければなりません。ただ、利便性に優れていることから手数料や金利があっても、すぐにお金が必要と言う場合にはこの方法を利用することにしています。

すぐにお金が必要なときにできる副業

お金がなくなってしまうと、生活自体が困窮してしまいます。本業は勤務する形の方もいらっしゃいますが、自営業で経営なさっている方もいらっしゃいます。そうなってしまうと、自身の経営手腕によって収入が変動しますので、軌道に乗っていると良いですがそうでないときは本当に辛くなってしまいます。そうならないようにするためにも、勤務している方でも自営業の方でも副収入を得ることができる副業をするようにしましょう。副業をすることによって、収入が増えますので生活にゆとりを持たせることができたり、自営業なら運転資金にまわすこともできます。

副業をするときに重要なことは、いつ収入が入るのかということです。収入が欲しいときにもらうことができなければ、副業のメリットが半減してしまいます。緊急にお金が欲しいときもありますので、そのような事態にも対応することができる副業を開始すると良いでしょう。すぐにお金が必要なときに向いている副業は、実際に働く形で言えば短期アルバイトがあります。短期アルバイトは基本的には派遣になりますが、直接のアルバイトもあります。短期アルバイトは、その日の内に給料をもらうことができるところもありますので、すぐにお金が手に入ります。短期アルバイトを利用するときは、仕事内容に着目するようにしましょう。仕事内容が体力仕事なのか作業が中心なのかによって給料も違います。短期アルバイトを利用するときは、どこの派遣に登録するかによっても給料が変わります。派遣会社によって多い仕事に偏りが出ていることもあるので、まずは口コミを確認するようにしましょう。口コミを確認することで、給料がいくらくらいなのかや仕事について知ることができます。すぐにお金が必要なときは、日給で支払ってくれるところに限定して探すようにしましょう。すぐにお金が必要なときには働く日にちも大切なので、自身の休日に合わせて働くことができるところで働きましょう。

お金がないときにお金を得るには

私たちが生活していく上でお金は欠かすことが出来ません。しかし、予定外の急な出費などでお金が必要になることがあるものです。では、そのような時、どうすればよいでしょうか。お金がないときにまとまったお金を手にするには、自分で稼ぐか誰かに借りるか、あるいは何らかの方法でお金を作り出さなければなりません。

まず、自分で稼ぐ場合ですが、急な出費に対応するためには日雇いのアルバイト代を即日現金払いしてくれるような仕事を見つける必要があるでしょう。このような日雇いの仕事は土木工事関係を中心にいくらかありますし、求人誌にも紹介されていることが少なくありませんので、比較的容易に見つけることができるかもしれません。また、何かの大きなイベントやコンサートなどがある時に、その会場の設営や撤収のためにも同様の日雇いのアルバイトの仕事が多数、発生します。それで、そうした情報に敏感であるならばふさわしい仕事を見つけやすいでしょう。

さて、お金がないときの別の選択肢は、誰かに借りるということです。親兄弟などの家族や親族に借りることが出来る場合もありますが、なかなか、お金を貸してほしい、とは言いにくいものです。中には友人にお金を貸してくれるよう頼む人もいますが、それも勇気がいるものですし、貸してもらえるとは限りません。それで、カードローンや消費者金融、銀行などを活用することも一つの手です。即日、お金を借りたい場合は、消費者金融にその日の早い時間に申し込めばすぐに審査をしてくれて貸してもらえることがあります。もちろん、必要な書類は全部揃えて、審査の際に不備がないように気を付けることは大切です。

さらに、お金がないときに、働かずにお金を作り出す、という方法もあります。どのようにするのでしょうか。もし、クレジットカードを持っているならば、それを利用して航空券や特急券などを購入して、カードで購入したその券をチケットショップで換金してもらってお金にするのです。もちろん、カード代金を支払う時に、購入した券代を払うことが必要ですが、急にお金が必要になった時にはこのようにして手に入れることもできます。それで、どうしても突然、お金が必要になったなら、ここで紹介した方法を試してみてはどうでしょうか。

どうしてもお金がないときは

生活をしていると、どうしても直面するのがお金の問題ですよね。普通に生活をしていれば、金銭面で満足していられる方が稀だと思います。しかし収入が爆発的に上がる気配も感じられない現代において、やはりこの悩みは常に付きまとうのでしょうかね。

もしあなたがお金がないときは、まず第一に楽してお金を稼ごうとは思わないことです。人間誰しも楽してお金を稼ぎたいと思うものです。しかし世の中、そんなにオイシイ話はありません。あれば他の人がやっていますし、そもそも自分の耳に入るわけも無いでしょう。そのようにきっぱりと割り切っていれば、大火傷をせずに済みます。あくまでもお金を稼ぐことは厳しいのだと心に刻み込んでいただければと思いますね。
それではどのようにしてお金がないときを凌げばよいのでしょうか。ずばり、働いてください。それだけです。もちろん投資をしてお金を増やす方法もありますが、素人が手を出しても機関投資家という存在に弄ばれるだけです。機関投資家とはプロの集団なので、情報も分析力も素人の個人投資家とは桁違いです。例えるのなら、一匹の蟻が巨大な象に戦いを挑むようなものですね。踏みつぶされて終わりです。

甘い夢は見ずに、堅実に行くことが大切です。そのためには勉強をしてください。世の中、腕力よりも知力です。知力の優れているものは何よりも上に行きます。投資をするにしても、知識に有無は大きく成果に影響を及ぼします。普通の金融機関にお金を預けるにしても、どこが安全で利回りが良いのかを冷静に比較、分析をすることができるでしょう。これも勉強をして知力を身に付けてこそです。

こうして自分への投資をすることで知力を身に付け、お金がないときも将来に向けて歩んでいけばよいのです。決して悲観をせず、将来はハッピーなんだとプラス思考で頑張ってみてください。お金はプラス思考の人のもとへと集まるもの。常にウジウジしていてはお金も逃げていきます。お金がないときは、むしろ自分を高められるチャンスだと思って頑張ってみてください。何事も地道に一歩ずつです。

すぐにお金が必要な時に頼れる日常生活の技

携帯料金や光熱費など月末になると出費が山のように積み重なりますが、その他の出費が重なり支払いが滞ってしまうことがあります。もちろん日々の生活費を計算していればそのようなことは起こらないのですが、消耗品の補充や急な飲み会など財布が知らず知らずの内に薄くなっていることもよくあることです。
そこでそうしたすぐにお金が必要な緊急時におすすめしたい方法が、不要品の買取を依頼するという方法です。世の中には書籍や衣類だけでなく、貴金属や着物までおおよそ食品以外のほとんどのものを中古品として買取依頼することが出来ます。こうした買取依頼はすぐにお金が必要な場面では打って付けで、光熱費や家賃の支払いなど一時の猶予も許されない場面では非常に頼りに出来るものです。

しかし、中には家の中にそうしたお金に出来るような不要品は無いという方もいらっしゃるでしょう。しかし、こうした不要品はブランド物のバッグや貴金属だけでなく、ゲームソフトやフィギュアなど趣味のものも高値で売れることもあります。そのため実家や自宅などを探せば昔熱中していたそのようなアイテムが眠っていることもあるので、ネットで相場をリサーチすれば思わぬ収入となることも珍しくありません。

またすぐにお金が必要な際には日雇いのバイトもおすすめできます。普通アルバイトを行う際にはある程度長期で入ることが前提ですが、こうした日雇いのバイトでは一日単位で働けて、なおかつ日給が1万円近くなるバイトも珍しくないので、光熱費や光熱費の支払いでも十分対処出来ます。またこうした日雇いのバイトはその日に給料を受け取れるので、差し迫った資金ニーズにも対応出来るので、本当に家賃の支払いの限界ギリギリでも働いてお金を得ることが出来ます。もちろん引っ越しのバイトなど体力的にきついものも多いですが、逆を言えばそうしたバイトをすれば一気に1万円オーバーとなる給料も得ることが出来るので、すぐにお金が必要な場面ではぜひおすすめします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ